您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 社会(日语) >> 正文

「寝耳に水」当時の招致委事務局長 竹田会長訴追報道で

作者:佚名  来源:本站原创   更新:2019-1-11 18:38:59  点击:  切换到繁體中文

 

2020年東京五輪・パラリンピックの招致を巡って、日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(71)が汚職に関わった疑いがあるとして、フランスの検察当局が竹田会長の訴追に向けた手続きに入っていたことについて、招致委員会の事務局長だった樋口修資・元文部科学省スポーツ・青少年局長は「寝耳に水。よもやないとしかコメントのしようがない。そういうことが、今ごろ起こっていることが、信じられない話。なんと申し上げていいか分からない。事務局の立場としては竹田さんを支える立場にいた。そのような嫌疑をかけられたことが信じられない。最近はもう五輪とは関わっていないので、竹田会長には会っていない」と話した。


また、大会組織委員会は、「報道で知った。何も分からないので、コメントできない」としている。



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本动画《朝花夕誓》国内定档

    日本土豪推特“撒钱”1亿日元 

    日本动画引进将变难 “先审再播

    日本城池两度意外失守 后防不调




    澳门金沙真人娱乐