您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> ビジネス >> 正文

休眠預金活用の司令塔決まる 経団連主導で設立の団体に

作者:佚名  来源:本站原创   更新:2019-1-11 18:20:29  点击:  切换到繁體中文

 

内閣府は11日、金融機関の口座で10年以上出し入れされていない休眠預金を活用する新しい仕組みの司令塔となる「指定活用団体」に、一般財団法人「日本民間公益活動連携機構」(理事長=二宮雅也・損保ジャパン日本興亜会長)を選んだ。休眠預金を使った助成は2019年度内に始まる見通しだ。


同機構は経団連が主導して指定活用団体になることを目指して昨年設立された。指定活用団体には4団体から公募があり、内閣府は「利益相反にならないよう、中立性、公正性などの観点から選んだ」という。


今後、同機構が全国各地から「資金分配団体」を30団体ほど公募で選ぶ。その資金分配団体を通じて、19年度内に各地のNPOなどの民間団体に助成などを始める予定だ。休眠預金は年に700億円ほど生まれ、うち年間30億円ほどを助成に使う方針だ。



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     
     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本动画《朝花夕誓》国内定档

    日本土豪推特“撒钱”1亿日元 

    日本动画引进将变难 “先审再播

    日本城池两度意外失守 后防不调




    澳门金沙真人娱乐