您现在的位置: 贯通日本 >> 资讯 >> 教育(日语) >> 正文

作新ボクシング部監督がパワハラか 平手打ち・暴言など

作者:佚名  来源:本站原创   更新:2019-1-11 18:20:27  点击:  切换到繁體中文

 

宇都宮市の作新学院高校ボクシング部の川島弘行監督(43)が、部員へパワーハラスメントが疑われる不適切な行為を繰り返していたことが11日、分かった。学校側が同日、記者会見を開き、パワハラを指摘する投書があり調査した結果、不適切な行為が判明したと明らかにした。


川島監督は昨年8月に岐阜市であった高校総体(インターハイ)でボクシング部を学校対抗で優勝に導いた。22日に表彰される県高校スポーツ賞の「優秀監督賞」に決まっていたが、同校は辞退を表明した。


同校によると、投書は昨年12月20日に匿名で、同校へ郵便で届いた。川島監督の過去数年の指導の問題点を指摘する内容で、平手打ちや長時間の正座などの体罰や、生徒の人格を傷つける暴言、部員を突然大会メンバーから外す、遠征先から部員たちだけで帰還させるといった問題行為が指摘されていたという。


同校は昨年末、部員らに聞き取…



 

新闻录入:贯通日本语    责任编辑:贯通日本语 

  • 上一篇新闻:

  • 下一篇新闻: 没有了
  •  
     

    相关文章

    没有相关新闻

     
    网友评论:(只显示最新10条。评论内容只代表网友观点,与本站立场无关!)
     

    注册高达赢取大奖!

    09年2月《贯通日本语》杂志

    日本动画《朝花夕誓》国内定档

    日本土豪推特“撒钱”1亿日元 

    日本动画引进将变难 “先审再播

    日本城池两度意外失守 后防不调




    澳门金沙真人娱乐